自己処理 脱毛

自己処理よりも脱毛を

カミソリや毛抜き、電気シェーバーなど、自宅で手軽にできる向いだげの自己処理方法には多くのものがあります。

 

しかし、これら自己処理は危険を伴うということをアナタはちゃんと理解していますか。

 

自己処処置による肌トラブルは以前から指摘されていることなのですが、皮膚の専門家から見た自己処理の危険性には次のようなものがあります。

 

・埋没毛や湿疹などのトラブルで治療が必要になることがある

 

・角質が傷つき、色素沈着や黒ずみになる恐れがある。

 

・毛穴が開いて、黒くブツブツとした跡が目立つようになる場合がある。

 

・自己処理後の毛穴や皮膚から雑菌が入って肌が腫れたり、化膿したりすることがある 

 

などです。

 

特に女性は諸処の事情でホルモンバランスの影響を受けやすく、それによて肌トラブルが置きやすい時期が発生します。

 

そんな時に、自己処理を行って上記のようなトラブルが重なれば大変なことになります。

 

自己処理は頻繁に行わなければならないので、このような事が起こらないとは言い切れません。

 

ですから、肌に負担をかけず、これら肌トラブルの原因ともなる自己処理をしないで済む脱毛がオススメです。

 

ある程度の費用は覚悟しなければなりませんが、今後キレイな肌を維持できるのであれば、決して高い買い物ではないですよね。

 

 

自己処理の脱毛には限界があります

ちゃんとワキの処理をしているのにワキに黒いブツブツができてしまって、好きにオシャレが楽しめないという女性は少なくないのでは?

 

女性が脇のムダ毛を気にするのは何もオシャレを楽しむためだけではないでしょうが、ノースリーブやキャミソールを着たときに気になってしまってオシャレが楽しめないのはとても残念ですよね。

 

しかし、何でそんなことになってしまったのでしょう。

 

それは長年の自己処理による肌への刺激の積み重ねが原因です。

 

カミソリや毛抜きなどでのムダ毛処理は、肌への直接刺激を与え続けますので、そのよって肌はメラニン色素を作り出してまします。

 

それが黒ずみの原因となり、長年続けることによって色素沈着という大きな肌トラブルへと発展してしまうのです。

 

最近はこれを知っている女性も多いのですが、ワキの自己処理を行えば黒ずみができてしまう事を知らない女性もいるようです。

 

脱毛初心者には特に多いことでしょう。

 

おかしいなと思っていてもムダ毛処理を止めるわけずにはいかず、益々状態が悪くなってしまうのです。

 

ですから、ムダ毛処理を行う女性は、自己処理には限界があることと、決して安全な方法でないことをチャンと理解してくださいね。

 

 

自己処理が原因の埋没毛

よく聞く肌トラブルの一つが埋没毛です。

 

埋没毛とは住ら皮膚の表面に生えてくる毛が、何らかの事情により毛穴が塞がれることによって肌の中に埋没してしますことをさします。

 

通常は、そのままにしておいても自然と治るのですが、時折埋没毛の周辺の肌が腫れたり、化膿したりすることもあります。

 

ですから、肌ケアを重視する人にとっては悩みの一つとなっているのです。

 

この埋没毛ですが、その多くの原因は普段行うムダ毛の自己処理に問題があると言われています。

 

その多くはカミソリや毛抜きによる自己処理で起こっています。

 

カミソリは毛を剃るのと同時に、皮膚の表面を削り取ってしまいます。

 

目には見えませんが、肌表面は大きく傷ついているのです。

 

その皮膚を修復しようと肌が活動する際に、従来、毛穴である場所を皮膚が塞いでしまうことがあるのです。

 

毛抜きにしても同様です。

 

毛が抜かれた毛穴が化膿したりするとカサブタになったり、肌が盛り上がって毛穴を塞いでしまいます。

 

このように、自己処理によって肌が傷つけられたことによって、毛穴が塞がれるのが埋没毛の原因というわけですね。

 

自己処理にはこれ以外にも、いろいろな肌トラブルを招きます。

 

処理時にはトラブルにならない為にも、できるだけ肌に優しい方法を選ぶようにしましょうね。